未分類

進化する厨房づくりに力を注ぐ!
~自動化・多機能化する厨房機器と、使い方の徹底サポート

業務用厨房機器のパイオニアとして第一線を切り拓いてきたフジマック。常にお客様の現場目線で開発・改善を続け、どの製品も、「こんなに便利なんですね」と思わず言いたくなるような工夫が満載。どうやってより多くのお客様に届けるかと日々知恵を絞る山本さんと、お客様の活用をきめ細かくサポートする森さんに、お話を伺いました!

株式会社フジマック
営業本部 市場開発部 カスタマーサポート部 調理アドバイザー 森 彩美 氏
営業本部 市場開発部 マーケティング部 課長代理 山本 将治郎 氏

株式会社フジマック

働き方を大きく変える厨房機器に注目が集まる

最初に、お二方のお役割を教えてください
私は、お客様の調理面をサポートする部署に所属しています。
シェフや栄養士が多く在籍していまして、機器導入後のご案内や展示会での調理実演、イベントでのデモンストレーションなどをやっています。
私の所属するマーケティング部では、新たな受注の仕組みづくりを日々考えています。
デジタルマーケティング、リース契約、アライアンス事業等々ですね。
私は展示会関連が多く、付随する発信活動もいろいろと行っています。
今回は医療系展示会のHOSPEXに出展頂けるとのことですが、病院等でも多く厨房機器が使われているんですね
そうですね。
調理用だけではありません。
たとえば洗浄ラインの作業用や、1階から5階に食事を運ぶ時のロボット型機器などが結構重宝されていたりします。
すると、省人化にも効果があるわけですね
はい。
たとえば自動で温度コントロールできるような調理機器もあるのですが、温度管理に付きっきりにならず、他の作業に時間を使えるようになります。
特によく寄せられる相談はありますか?
先ほどの洗浄機もそうですけれど、調理場や洗浄場は働く環境が結構過酷です。
熱もこもるし、洗浄した食器の熱さで水ぶくれができる人もいます。
配膳の距離も大変です。
そうした点の改善につながる機器は求められていると感じます。
なるほど。労働環境の改善や生産性向上のところに課題を抱えているところが結構おありなのでしょうね
労働環境を整えていくと、衛生面の改善にもつながります。

全国の厨房現場に足を運び、求められる製品を次々に開発

御社の沿革を拝見すると「厨房業界初」という文字も結構拝見したのですが、昔からチャレンジの文化があるのでしょうか
社長が率先して取り組んできたところもありますね。
先ほどの洗浄ラインにおけるピッキングロボットも、世界で初めて世に出したものです。
世界初ですか! どうやってそういうアイデアに至っているのでしょう
全国の営業所から「製品提案書」というものがあがってきます。
お客様から聞いた意見をもとに、新商品のアイデアや既存商品の改善点などが日々寄せられるものです。
それを見ながら毎月会議をおこなって、有望なものに着手するような仕組みにはなっています。
直接、エンドユーザーの方とコミュニケーションをとられているわけですね
弊社は代理店販売をあまりせず、直接営業がご案内しています。
日本全国に拠点を設けているので、それぞれの地域で日々お客様とは接しています。
購入後のフォローをおこなうのが森さんの部署ですか
はい。
製品納入後にお客さんのところにお伺いして、実際に使われる方に対して研修会を開催させて頂くようにしています。
お客様が使いこなして初めて役立ちますからね。
専属のコーポレートシェフがいらっしゃったり、管理栄養士さんも20名ほど在籍されているように拝見しましたが、この方々がフォローされているわけですね。
森も管理栄養士をもっていまして、調理アドバイザーという立場で動いてもらっています。
栄養士として入社されたんですね!
試験のタイミングで資格取得は入社後になったのですが、そうした勉強をしてきてこの会社に入りました。
お客様と名刺交換させて頂いた時に、管理栄養士なんですねという反応はよく頂きます。

最大限活用してもらうために、調理アドバイザーがサポート

今回は、どのあたりの製品を中心に展示される予定でしょうか
「コンビオーブン」と「バリオシリーズ」という熱機器類を予定しています。
おいしく調理できるとともに、お客様の作業を軽減し、作業が効率的で利便性が高いという点にもご注目頂けたらと思っています。
どういった特徴があるのでしょう
機器を触るのが初めての方でも、タッチパネル式なので、スマホ感覚で簡単に扱えます。
あと、コンビオーブンにおいては自動調理モードですね。
たとえば「魚」「グリル」とパネルを押していくと、自動で焼き魚ができあがります。
初心者の方が厨房に入ったとしても、おいしく仕上げられます。
すごいですね!
センサーで最も熱が通りにくい箇所を把握してコントロールしますので、大きい切り身と小さい切り身が混ざっても、それぞれ中まで火を通せる仕組みになっています。
品質も一定になりますね
そうなんです。
シフト制で動いていらっしゃる厨房で、日によって味が変化してしまうという課題を聞いたこともありますが、そうしたばらつきの防止にも役立つと思っています。
厨房機器がこんなに進化していることを知りませんでした!
実は、自動調理モード自体は10年ほど前には搭載していたんです。
そこから徐々にアップデートしてきました。
この一台で、ゆでる、煮る、焼く、炒める、揚げるとできるわけですか!?
はい。 調味料も専用のところに入れて頂くと、しっかり混ざって仕上がります。
ある程度任せておいて、必要な部分だけ人が関与すればよいということですね
病院ではあまりつくる機会がないかもしれないですが、わかりやすいのがグラタンなどに使うベシャメルソースですね。
通常、ずっと付きっきりで混ぜていないと焦げて失敗してしまうようなソースです。
それが、付きっきりにもならず、一切焦げ付きもなく仕上げられます。
それは画期的です!
毎回、底の方が焦げ付いて食材ロスが出ていたという厨房で、そのロスがなくなったと言ってくださったこともございます。
確かに、調理工程次第で食材ロスも減らせますね
プログラミングという形で、温度や炒める時間を自分で設定することもできます。
たとえば料理長がそれを設定して、翌日は完全に任せられる可能性もあるわけです。
排水システムも自動化していますので、重いものを持ち運ぶ負担も減ると思います。

お客様が喜んでくれることがうれしい

仕事の手応えは、どのような時にお感じになりますか
機器を導入して頂いたことで、料理がおいしくなる、作業効率がよくなるというお声を伺うのはすごくうれしいですね。
お客様の工夫された調理メニューから、私たちも日々学んでいます。
現場でお客様と接しているからこそ、情報がどんどんアップデートしていくのだろうなと感じました
私は機器を売るために仕組みをつくったり、他の会社さんと協業したりする仕事が多いのですが、その先にお客様が反応してくださると手応えを感じます。
たとえば買い換えによる“浮いた電気代”を別サービスと組み合わせる、というのも仕組み化の1つですが、「それいいね」と言って頂けるようなサービスをつくっていけたらと思っています。
今後の展望を教えてください!
サブスクモデルなど、より使い勝手のよい仕組みも検討していきたいと思っています。
毎月お客様と接点がもてることも増えるでしょうし、より多様なニーズのお客様に今後も価値提供できたらと思っています。
お客様のフォローに伺うと言いつつ、拠点から遠くて伺えていないような先もあるのがずっと気になっていました。
昨今、オンラインという手段が使いやすくなってきましたので、最適な組み合わせをしながらお客様にとってさらにいいサポートをご提供していきたいと思っています。
どうもありがとうございました

フジマックの製品が見れるHospex Japan2022の事前登録はこちらから

-未分類