第535回一隅会
『貞観政要へのいざない―古典に学ぶ組織と人』

第535回一隅会『貞観政要へのいざない―古典に学ぶ組織と人』

本一隅会は5月26日開催を予定しておりましたが、新型コロナウィルスの拡大により、開催を中止いたしました。
このたび、オンライン開催の運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

唐の時代に著された『貞観政要』(じょうがんせいよう)は、我が国でも古くから「帝王学を身につけるための必読書」とされていました。
しかし、本書は、決してリーダーシップの秘訣をまとめた教科書にとどまらず、現実の場面でのトップとスタッフの間の言行録として、生身の人間の姿も伝わってきます。それが、時と場所を超えて読み継がれる理由といえるでしょう。この本のとりこになり、「座右の書」とする経営者は少なくありません。
今回、古典の細かな解釈は避け、この本の魅力をご一緒に味わってください。そこに散りばめられた知恵に学びつつ、組織と人のあり方について、お一人お一人の経験に重ねながら考える契機になるように、時間と場を共有しましょう。

日時
2020年10月6日(火)15:00〜17:00
開催方法
ライブ配信(ストリーミング配信)
参加対象
小会法人会員の経営者・役員・幹部他 本テーマに関心をお持ちの方々
(定員100名 定員に達し次第、締め切らせていただきます。)
*今後組織の上に立つ方々のご参加を特にお待ちしております。
ご対象者には、参加をご推奨いただきますようお願い申し上げます。
また、トップの方々には、振り返りの機会としてご活用ください。
参加料
小会法人会員の方は無料です。/会員外の方は有料です。(¥20,000/1名 税別)
(会員外の方は、これを機会にぜひ法人会員にご入会ください)

プログラム

(変更される場合がございますので、予めご承知おきください)

15:00〜17:00
講話

講師紹介

鵜養 幸雄(うかい ゆきお)氏

一般財団法人 公務人材開発協会 業務執行理事
立命館大学 政策科学部 講師

1955年生まれ。東京大学法学部卒、人事院を中心に国家公務員として勤務後、2007年から立命館大学教授(2018年まで公務研究科、2019年政策科学部)、2020年同大学を定年退職。2018年6月 一般財団法人公務人材開発協会 理事就任。その他、人事院 公務員研修所 客員教授、その他地方自治体の参与、行政委員を担う。

『貞観政要』については、公務員研修所教授時代(2005年~2006年)に研修教材の作成をはじめ、国家公務員研修や地方自治体職員研修等において、多数の講演実績を持つ。

◆ 主な著書

『文官高等試験』(創英社/三省堂書店 2019年8月発行)
『自治体の仕事シリーズ人事課のシゴト』(ぎょうせい 2017年5月発行)
コラム「人が育つ、という楽しみ」(『試験と研修』公務人材開発協会 2012年11月号)
その他、公務員、公務員制度に関する著書、論文等多数および古典に関するエッセイ等多数。