ヘルスケア 健康

お客様と長くつきあえる会社だからこそ、働きがいも大きい
~人の縁を大事に、オリジナリティあふれる事業を拡大〜

健康食品? 化粧品? エステ?
お話を聞いてわかったのは、すぐれた技術と、OEM等の独自戦略、そして、人生100年にわたる健康と美容に古くから情熱を注ぎ、「縁の下の力持ち」として発展してきた会社の推移です。

それを話してくれたのは、東京営業所の山本さんと小島さん。
取引先とも職場内でもこんな感じなんだろうなと思わせる、笑顔と温かさあふれる対応を頂きました!

エンチーム株式会社
東京営業所
所長 山本純恵氏
主任 小島寛典氏

内面の健康・外面の美肌、両面にまたがる事業を展開

創業50年を超える歴史とのことですが……

そうですね。最初はローヤルゼリーの販売代理店から始まったんです。
それで、健康食品、化粧品の販売と、拡大してきました。

健康から美容まで幅広いですね

社長の松岡が昔から、表面のきれいさだけではなく、内面の健康さも必要だと考えていました。
だから、化粧品・エステという表側と、健康食品という内面側と両方やってきたのです。

なるほど

そういう独自の立ち位置なので、展示会などを活用するにも、選ぶのが大変なんです。

あるときは健康系、あるときは美容系に出たりして。

ユニークな事業ポジションならではですね

ローヤルゼリーの次に扱ったのが酵素飲料で、そこから酵素化粧品へと展開し、化粧品分野で昨年、念願の工場設立まで至ったという流れです。
工場設立によって、OEM生産の比重を高めるようになってきました。

お付き合いする顧客層がまた変わっていくタイミングですね

そうなんです。ちなみに、健康食品の方で一番リピート効果が出たのは、ミミズ成分の健康食品ですね。
血栓を溶かす効果などがあるんです。

ミミズ成分ですか!

2000年からの販売ですが、反響が大きかったです。

あと、エステもやっています。
40何年も前から、結構業界内でも先駆けで始めましたね。

今は広島に拠点を絞っています。

工場の様子

関係性を大事にする暖かい職場

お客様とはどういう接点の持ち方なのでしょうか

当社は基本的に卸販売なので、利用者さんの手元には販売代理店経由でお届けします。

長年支えてきてくださった代理店の関係性を大事にしていますので、私たちがインターネットなどで販売することはないんです。

50年のお付き合いがある代理店もあるということですよね

そうですね。特に、全品トータルに扱ってくれるようなところは、濃いご縁が続いています(笑)

社風としても、関係性を大事にされていますか

どうでしょう……社長は誰とでも気さくに話しますね。

こんなに温かい会社はないくらいに思いますよ。
アットホームさともまた違う温かさを感じています(笑)

離職率は非常に低いですね。特に各地の営業所は。

扱っているものは最先端技術で、つくる側は「古き良き関係性」で。
そういうバランスのおもしろさを感じています。

社風の良さは、お客様へも伝わっていきますよね

イベントに行くと「まだいらっしゃるんですね」と言われますが(笑)、人の入れ替わりが激しい業界だからこそ、「変わらずにいてくださって安心です」と言ってくださる方は多いですね。

担当が変わらないのも、会社の1つの武器だと思うんですよね。
担当が変わるとまた一から関係性づくりになってしまいますが、弊社はその点、腰を据えて付き合える会社じゃないかと思います。

関係性を大事にする暖かい職場

そもそもお二方は、ずっとこの会社で働かれているんですか?

私は実は、この会社に3回入社しているんです(笑)。
結婚だったり家族の転勤だったりという節目がありまして。

そうなんですか!
でも、戻ってきたくなる居心地の良さがあるんでしょうね!

本当にご縁とタイミングですね。最初は事務職で福岡の営業所に入ったんです。
ただ、社長が勉強させてくれて、エステのスキルなんかも一通り習得しました。
今ここにいるのも、そういう経験が役立ったのかもしれませんね。

小島さんも長いんですか?

いや、実はまだ、入社して8カ月くらいなんです。

どういう関心でこの会社を志望されたんですか?

歴史ある会社なのに、チャレンジを続けているところに興味を持ちましたね。
去年工場を作ったのも、変わることを恐れない会社だと思いましたし。
かつ、いいものはすぐ取り組む。

営業がしやすい環境が整っているのが、一番魅力的でした。

イメージ通りでしたか

もうまさに(笑)。

縁の下の力持ちとしての会社であり続ける

キャッチコピー:お肌の未来は変えられる

法人のお客様は、特に化粧品のOEM製造ということでしょうか。

はい。美肌やエイジレスに向けた化粧品を、「ヒト脂肪幹細胞純化培養液」を使ってつくれるのですが……
自社工場で安定的に製造できるようになりましたので。

なかなか難しい技術なんですね

5年ほど前からいろんな試行錯誤を重ねてきました。
まずは原料が大事なので、いろいろと調べて原料メーカーさんを変えてきたんです。

そうなんですか

実は、原料メーカーのなかでも、本当にそこでつくっているのかが見えない会社も結構あるんです。
でも今使っている台湾製の原料は、製造過程が透明で、品質レベルも非常に高い。
しかも、フリーズドライで100%培養液であることが確認できたので、3年ほど前から使うようになりました。

原料の安全性は大事ですね

もう1つ日本製の原料も使っていまして。
(株)フコクさんなのですが、やはり明瞭な過程で品質も高い。
それで使わせていただくようになりました。

商品一覧

今、いろいろと反響があるのでしょうか

工場の稼働から1年経って浸透してきたのでしょうか。
堂々と「ここで作っています」と言えるので、最近はお問い合わせを多くいただきます。
バックデータもしっかりお見せできるのが強みかもしれません。

健康食品の方も含めて、いろんな資料は充実していますよね

特に化粧品は、自分で使わない男性営業にとってはなかなか扱い難しいという話があって。
そうしたら社長がいろんな資料をつくってきたんです。
これがあったら話せるだろうと言って(笑)

説得力がありますよね

「人生100年、現役80年」や「ぴんぴんころり」という言葉は、弊社では相当昔からこういうパンフレット等で謳ってきました。

「未病」や「加齢対策室」も商標登録しています。

そんな以前から使われていたんですね!

とはいえ、我々は縁の下の力持ちになれたらと思っていますので、表に出すぎない位置で発信しているというのも特性だと思います。

協業の仕方によって立ち位置を調整できるのも、我々の強みかもしれません。

そういったスタンスをお客様に説明しつつ、信頼関係をもって協業していくということですね

そうですね。
こういう会社の特性を知っていただき、いろいろな協業をしていけたらと思っています。

ありがとうございました。

お二人の会話の中からも、社内雰囲気の風通しの良さが随所に感じられました。
何でも相談し合える風土が根付いている事で、商品力がアップデートされ日々顧客に求められるクオリティを提供できているのではないかと思います。
健康関連商品で何かお考えの方は、一度ご相談してみてはいかがでしょうか?
コラボしたい、協業したいという企業様は是非エンチーム株式会社様にご連絡ください。

-ヘルスケア, 健康

© 2021 JMA-CONNECT