ヘルスケア 新規事業

起業も、事業拡大も、きっかけは人の縁
~健康な生活・快適な空間に関わる事業を次々と展開

電子装置の信頼性保証といった緻密で着実な領域と、重宝されるトレーニング装置など時代のニーズにあった商品展開をする勢いと、多様な姿を持つのがベルツリーという会社です。人の縁を大事にしながら事業成長をさせている鈴木社長に、どんな領域に力を入れていらっしゃるか、詳しく伺いました。

株式会社ベルツリー
代表取締役 鈴木 宏治 様

鈴木氏へのインタビュー

電子機器関連からはじめ、ヘルスケア装置の販売へと拡大

どういった経緯で会社を立ち上げたんでしょうか?
私のキャリアからお話しすると、新卒で外資系の半導体メーカーに入社しまして、そこから何社か半導体業界を経験してきました。
それで半導体デバイス開発をしているベンチャー企業に参画したときに、社長から起業を進められたんです。
半導体系ですか!
やはり経営者という立場は従業員と全然違いますからね。
その孤独を味わってみろと(笑)。
実際は、その会社と業務委託契約をさせてもらう形でしたので、バックアップがある状態でスタートできました。
それが2012年の6月です。
それで設立されたと
はい。こうした経緯なので、電子機器事業からスタートしたわけです。
電子部品の信頼性保証や品質保証といった分野がメインで、そこから半導体ベンチャーのコンサルティングなど事業を拡大していきました。
なるほど
その中で出会ったのが、この VRC®というヘルスケア装置です。
最初は内部の設計や信頼性保証を携わらせていただいたんです。
で、この装置はいろんな可能性があると思って、販売代理も手掛けることになりました。
どういうことができる装置なのでしょう?
加圧トレーニングができる装置で、静脈の血流を制限できるんです。
血流を制限するとそこに血が溜まって酸欠が起きます。
低負荷のトレーニングでも成長ホルモンが多く発生すると言いますか……高負荷のときと同じような効果が出るんです。
そういう仕組みなんですね
だから、高齢者の方でも軽いトレーニングをするたけで、高い効果が得られます。
もう1つ、駆血という手法で血流を止めたり開放したりすることもできるのですが、これがいい効果となって歩く筋力を回復した方もいらっしゃいます。

製品画像

体感で伝わるのが加圧トレーニングのよさ

誰でも使えるわけじゃなさそうですね
そうですね。
1コマ1.5時間で4単位の講習と、実技試験を受けて頂くのを必須にしています。
使われるのはサービス事業者さんが多いのですが、ごく一部、パーソナルトレーニングのために使う方もいらっしゃいます。
どうやってそういう方々に周知していくのですか?
最近はWebマーケティングもかなりやっていますが、基本的には展示会がPRの場です。
やはり体験してもらって納得頂くような商品なので……コロナ禍でそういう機会が減ったのは、ちょっと痛いところですね。
口コミの影響もありそうですね
そうですね。
あとは学会で説明していただいたこともあって、その時は急に問い合わせが増えました。
ヘルスケアの中でもトレーニング系の扱いが中心なのでしょうか
実は私自身が10年ほど前から加圧トレーニングに興味をもって、トレーナーの資格もあるんです。
そうなんですか!
趣味の一環なんですけどね。
自分の身体を鍛えようと思ってどんどん詳しくなりまして(笑)。
そういうこともあって、フィットネス・トレーニング関連の事業は積極的に取り組んでいます。
起業した時からヘルスケア事業に参入したいと思っていたので、VRC®からはじめて、フィットネス機器販売をしたり、コンビニフィットネス® フランチャイズ販売事業をやったりしています。

手軽に空気をリフレッシュできる商品の取り扱いへと拡大

もう1つ気になるのが除菌・脱臭関連なのですが
はい。空間除菌装置「ReSPR」のことですね。
これはNASAの宇宙ステーションで使われる技術を使って、ウイルス・細菌を不活性化します。
さらに今年7月に、「NOZIAL(ノジアル)」という商品を新たに扱い始めました。
どういった特徴があるのでしょう
アルコールでもない次亜塩素酸でもない、第三の除菌剤と言っています。
NOZIAL(ノジアル)はウイルス・細菌の除菌はもちろんですが、 水酸化カルシウム(天然由来)、天然水、植物エキスを主成分にした天然成分100%でできていて、人体や手指に優しく、地球にも優しい除菌剤でSDGs貢献にも役立ちます。
また、は空気中の二酸化炭素に吸着し、空気中の二酸化炭素を削減することができるんです。
これにより……空気をさわやかに変えられます!
そんな素材があるんですね!
たとえばヨガスタジオで、レッスン終了後に噴霧して使ったりして頂いています。
室内の空気を短時間でリフレッシュできますからね。
最近は室内の二酸化炭素濃度が感染症予防で気にされていますが、そういうところでも使って頂けます。
開発は専門家が関わってなされたとのことですが
はい。我々は販売のところを担わせてもらっているのですが、商品そのものは30年ほど研究を続けていた野中順治博士とメーカーである株式会社市基の平野社長が中心となって開発されました。
天然成分100%なので、身体にも一切影響がないですし……興味がある方には、効果のエビデンスをまとめた資料をお渡ししています。

仕事風景

高齢者のトレーニングやリハビリにも役立つ展開を

人との出会いで事業チャンスを広げていらっしゃいますね
まさに、私が事業を続けてこられたのも、お世話になってきた方々とのご縁が大きいです。
画期的な商品に出会ってきたのもありがたいですね。
今回のNOZIALもたまたま展示会で出会ったご縁から、話が始まりました。
メンバーにはどういう方々がいらっしゃるんですか?
いろんな業界経験者が集まっていますよ。
委託で協業している方もいるんですけれど、それぞれの働き方を尊重しつつ、一緒にこの事業を拡大していってもらえたらという話をしています。
拠点も複数にわかれていますね
機動的に動けるような体制にしているんです。
もちろんリモートワークも増えたので、柔軟な働き方が実現できています。
今後はどういう方向に向かっていくのでしょう
ヘルスケア事業にはより力を入れていきますよ。
たとえば近々、この事務所がある大田区でフィットネス施設をオープンしようと思っていて。
それは楽しみですね!
たとえば普通のジムのようにも使われつつ、高齢者の方は低額で使えるような形にしたり。
何かしら地元に喜ばれるようなことを考えたいなと思っています。
先ほどの加圧トレーニングもリハビリに良さそうでしたが、これからの高齢化社会で役立つ事業はもっと広がりそうですね
最近耳にするのは、訪問型サービスですね。
訪問介護や訪問整骨院というときに、VRC®を活用いただくことが増えてきました。
確かに! 特に高齢者の方向けは、訪問型が重宝されますね
以前はもっと大型で重かった為に持ち運びが大変だったのですが、新型装置は軽量なので簡単に持ち運べます。
そのため訪問してのトレーニング提供が容易になりました。
最近では医療機器商社さんとも連携して、展開をはじめています。
なるほど
コロナ禍でなかなか動けない方も多いと思うので、新たな形態として活用が広がっていけばと思っています。
今日はどうもありがとうございました

インタビューからもわかる通り、鈴木社長の「人を巻き込む力」は様々な事業を展開される根源になっています。そんな人を巻き込む力も、鈴木社長の積み上げてこられた信頼があってこそ。業界の未来像や、事業展望などをお話されている姿は、ポジティブで本当に楽しく取り組まれているんだなと感じることが出来ました。ヘルスケア関連でのお困りごとがあれば一度ベルツリーさんにご相談されてはいかがでしょうか。

-ヘルスケア, 新規事業

© 2021 JMA-CONNECT